Bリーグが発足することになった経緯は、日本国内のリーグが混在し、統括されていない状態を国際バスケットボール連盟(FIFB)からとがめられたことです。

ペナルティとして会員資格停止と国際試合出場停止を受けてしまい、またFIFBによりJBAのガバナンス改革が行われることとなりました。

この改革に伴い、NBL・NBDL・bjリーグの統合が進むことになりました。プロ化の検討開始から22年のことです。

統合を主導することになったのは、サッカーJリーグ誕生の立役者である日本サッカー界の重鎮・川淵三郎さんでした。